地域包括支援センター事業紹介

 地域包括支援センターは、高齢者に関する様々な相談を受け付ける「よろず相談所」です。お住まいの日常生活圏域を担当する地域包括支援センターは、下の表のとおりです。各地域包括支援センターには保健師・主任介護支援専門員・社会福祉士などが配置され、3職種がチームとなって次のような業務を行っています。

介護予防支援業務

できるだけ自立した生活を長く続けていただくために、松江市が行っている介護予防教室などをご紹介しています。
また、介護認定で要支援1または2と認定された方に対してはケアプランを作成し、介護予防サービスをご利用いただくための支援を行っています。

総合相談・権利擁護事業

皆様からのあらゆるご相談をお聞きして、問題解決にむけたお手伝いをいたします。必要に応じて、様々な分野の専門の相談機関などをご紹介いたします。

【地域包括支援センター別 相談延件数】

年度 合計 松東 中央 松北 松南 湖南 東出雲
22 7,110 982 1,629 1,098 2,130 1,271 -
23 7,352
(7,396)
1,313 1,803 1,094 2,012 1,052 78
(122)

  • 23年度の()内は東出雲包括の4月~7月の件数を含む
  • 介護予防プラン作成件数・地域支援事業に関わる相談は含まず。

年度 合計 松東 中央 松北 松南第1 湖南 松南第2
24 10,956 1,976
(363)
2,452 1,218 2,272 1,665
(489)
1373
(489)
25 13,076 2,302
(437)
2,626 1,535 2,867 1,720 2,026
(640)

  • ()は各サテライトを再掲
  • 介護予防プラン作成件数・地域支援事業に関わる相談は含まず。

たとえばこのようなご相談があります。
「最近親が物忘れをするようになった。子どもはみんな遠方にいて、なかなか帰れない。一人にしておくのは心配だが、どうしたらよいか?」
「今は入院中だが、来週には退院することになった。家に帰ってもしばらくは家事ができそうもない。どうしたらよいか?」
「近所に一人暮らしの方がいるが、最近まったく姿を見ない。心配だがどうしたらよいか?」
などなど。

包括的・継続的ケアマネジメント

松江市内の居宅介護支援事業所やサービス事業所、医療機関、相談機関などが、お互いに連携を図り、様々な課題を抱える高齢者の暮らしを支えるための仕組みづくりをします。
また地区社協、民生児童委員、福祉推進員といった地域で活動をしている皆さんと一緒に、誰もが安心して暮らせるまちづくりに向けて活動をしています。

このページの上部へ↑