2019年3月7日

平成30年度 第2回 東出雲地域ケア多職種ネットワーク「やらこい東出雲」

 平成31年2月20日(水)東出雲地区において、今年度第2回目の「やらこい東出雲」を開催し、約70名の参加を得ました。平成27年から始まった「やらこい東出雲」は、地区内の医療機関、調剤薬局、介護保険事業所、行政、社協・包括支援センター等が一堂に集まり、より一体的な支援体制を目指し緊密な横の関係づくりや情報交換の場として毎年実施しています。
 この度は、地区内通所介護事業所「デイサービス晴春」の紹介と調剤薬局「あだかえ薬局」より処方箋に関する豆知識のお話を聞きました。また、伊藤医院の伊藤院長、高木歯科医院の清水院長からは、最近増えているサービス付き高齢者住宅(サ高住)での看取りや、終末期での『食べる』を支える歯科スタッフの取り組み例を聴きました。医療・介護の関係者が『その人・その家族』を支えていくという意味では、改めて発見も出来た内容となりました。
 後半は、様々な職種混合での事例検討を行いました。職種が違えば見る視点・考える視点も異なりそれぞれに学びの多い時間を過ごすことが出来ました。
 来年度は、スタートから5年度目を迎えます。更に広がりのある内容を運営スタッフで検討中です。今後も、誰もが可能な限り住み慣れたこの東出雲の地域で生活出来る為に、地区内での関係機関のネットワークが更に充実したものになるよう、取組みを進めていきます。
↑