地域福祉計画

~みんなでやらこい福祉でまちづくり~
松江市、松江市社会福祉協議会では、市民のみなさんと協働し、福祉の様々な政策や事業を通じて、誰もが安心して個性豊かに暮らしやすいまちづくりをめざす計画です。
やらこいの意味は・・・
 出雲弁でいわれる方言で「いっしょにがんばろう」「いっしょにやろう」という意味で使われています。

私たちが目指す"福祉でまちづくり"のキーワード!

1 人づくり・地域づくりを推進します
 地域リーダーやボランティアの育成などによる人づくりを推進します。
 市民誰もがお互いを尊重し、思いやりや感謝の心を持てるよう福祉教育やボランティア学習を進めながら、地域の企業やNPO、農協、生協などと協働することや、地域力の源となる自治会組織の強化を図るため自治会への加入促進進を図ります。
また、松江市の地域福祉の核である地区公民館と連携を図り地域づくりを進めます。

2 福祉サービスが利用しやすい環境整備を行います
 住み慣れた地域で、障がいや年齢にかかわらず、健康で安心して暮せるために、必要な時に必要な福祉サービスが提供するため、効果的な情報提供と効率的な支援を行うための情報の共有化を図ります。
 また、総合相談機能や権利擁護の取り組みの充実に努め、関係団体と連携・協働し利用者が安心してサービスを利用できる環境整備を進めます。

3 安心して住み続けられるまちづくりをめざします
 子どもからお年寄りまで地域で安心して暮らすことができる「ひとにやさしいまちづくり」をめざし生活の基本となる住環境整備や移動手段の確保に努めます。
 地域での見守り活動等「自助」「共助」による支援体制を構築します。
 健康づくりについて「健康都市まつえ」宣言を契機にがん検診受診率の向上等に取り組み"生涯現役"をめざします。

4 生活課題を解決します
 地域の生活課題は、多種多様化・複雑化しています。
 課題解決には、行政だけでなく民生・児童委員や福祉推進員、地区社協等地域福祉の担い手と、福祉、医療等専門職との連携が不可欠です。
 総合機能相談を充実させ、地域の助け合いや、市職員自らも地域活動を行う等、生活課題を解決するためのネットワークを強化します。
 また、孤独死や引きこもりなど新しい生活課題についても、地域とともに解決に向けた取り組みを検討します。

リンク
松江市健康福祉部保健福祉課 松江市地域福祉計画・地域福祉活動計画

このページの上部へ↑